支払督促

支払督促サポート@届いたら絶対に放置しては駄目!今すぐ相談!

支払督促状が届いた場合、放置しておくと差し押さえられてしまいます。強制執行される まえに弁護士に相談をして下さい。

支払催促状(支払督促申立書)が届いたら絶対に放置してはいけません

 

支払督促(支払督促申立書)とは何ですか?

 

支払督促とは簡単に言うと、

 

「未払いのお金、借金を一括で返済して下さい」と、

 

裁判所を通して正式に請求する手続きのことです。

 

あなたが支払督促状を受け取っている場合、

 

2週間以内に返事をしなければ自動的に敗訴が決まり、

 

「一括支払いに同意した」事になります。

 

支払督促状は裁判所から送られてくる

 

正式な手続きですので法的な効力があり

 

敗訴(一括返済に同意)が確定すれば、

 

強制執行や財産の差し押さえが行われます。

 

一括払いに同意したくない場合は、

 

期限である2週間以内に異議申し立て書を返送する必要があります。

 

異議申し立てをすることで敗訴は決定せず、通常の裁判に移行されます。

 

ここで問題なのは、

 

消費者金融からの借り入れや携帯電話の未払いなど

 

多くの借金は正式な契約書があるため、

 

未払いである事が明確に証明されてしまいます。

 

つまり、

 

異議申立をしただけでは通常の裁判に移るだけですので、

 

裁判に持ち込んでも勝つことは出来きません。

 

裁判で勝てない以上、

 

債権者と分割払いの条件交渉をする必要がでてきます。

 

この際、自分で交渉する事も出来ますが、

 

条件の相場や法律を理解して交渉する必要があります。

 

交渉の仕方によっては借金自体が大幅に減額されますが、

 

これは法律の専門家ならではの交渉術です。

 

借金問題専門の法律家に相談することで

 

支払督促に対しての適切な対処法が分かりますし、

 

借金問題自体を解決することも可能になります。

 

借金問題はひとりで悩まず、

 

専門家と一緒に解決することをオススメします。

 

↓↓↓※24時間365日いつでも無料相談できます↓↓↓

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談する

 

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談する

 

 

支払督促状が届いた場合の手続きの流れと対応方法

 

借金をしている消費者金融などから督促状(支払督促申立書)が届いた場合は放置をしないですぐ対処する必要があります。

 

支払督促に対処するためにも、まずは支払督促が届いているあなたの現状を理解しておきましょう。

 

支払督促申立の手続きの流れ

 

支払督促の申立

(債権者が支払督促の申立を簡易裁判所の書記官に申請します)

 

 

簡易裁判所に受理される

(支払督促申立書の記載内容が審査されます)

 

 

支払督促(支払督促申立書)が届く

(裁判所から債務者に支払督促状が送付されます)

※支払督促を受け取った方はこの状態です。

 

2週間以内に異議申立てする場合

→ 支払督促異議申立書を返送し、通常の訴訟で争う。

もしくは弁護士に依頼して減額交渉する。

 

2週間以内に異議申立てしない場合

→ 仮執行宣言付支払督促の申立が行われます

 

 

仮執行宣言付支払督促が届く

(異議申立をしない場合、2週間を経過した日の翌日から30日以内に仮執行宣言の申立を行い、裁判所から仮執行宣言付支払督促の正本が送付されます。)

 

仮執行宣言付支払督促の正本が届いたら

 

2週間以内に異議申立てする場合

→ 通常の訴訟で争う。

もしくは弁護士に依頼して減額交渉する。

2週間以内に異議申立てしない場合

→ 仮執行宣言付支払督促の確定

 

仮執行宣言付支払督促の確定されると覆すことはでき無くなり、強制執行されます。

 

支払督促異議の申立ては必ず行うこと

 

債務者であるあなたが支払督促状を受け取った場合、

 

まずは同封されている督促異議の申立て書を返送しましょう。

 

督促異議とは督促の手続に対して異議を申し立てることを言いますが

 

支払督促は一方的に債権者側が簡易裁判所に申立てをすることなので

 

債務者側の言い分を主張する機会を与えないと不公平だからです。

 

債務者が督促異議の申立てをすると通常の訴訟へと移行して

 

裁判で争うか和解をすることによって解決していくことになります。

 

督促異議の申し立ては必ず2週間以内に行うこと

 

督促異議の申立てをする期間は

 

支払督促の送達を受けてから2週間以内と決まっています。

 

もしこの期間内に申立てをしないと

 

仮執行宣言の申立てを裁判所が受理し、

 

裁判所書記官から仮執行宣言付支払督促が送付されます。

 

これにより強制執行が可能となってしまうので期間に気をつけましょう。

 

督促異議の申立てをするには

 

届いた支払督促状と一緒に異議申立書が同封されているので

 

必要事項を記入して返送して下さい。

 

「当該事件について出された支払督促には不服があるので、異議申立てをする」

 

旨の文言を入れれば大丈夫です。

 

身に覚えの無い借金での架空請求でも注意が必要

 

身に覚えのない借金問題で支払督促が届いた場合でも

 

異議の申し立てをせずに放置すると敗訴が決定して強制執行を受けてしまいます。

 

これは支払督促の手続きを悪用した詐欺ですが、

 

正規の手続きを踏んで裁判所が発行した支払督促だった場合、

 

強制執行はそのまま行われてしまうので絶対に放置せず、異議申立をすぐに行いましょう。

 

借金問題は専門的な知識が重要です。弁護士に相談しましょう

 

支払督促の手続きの規定は

 

民事訴訟法という法律に規定されていますが

 

一般の人ではなかなか理解できない事も多いため

 

借金問題専門の弁護士への相談が不可欠です。

 

支払督促状(支払督促申立書)が送られてきた場合は、

 

借金問題専門の法律家に無料相談することで、

 

借金自体を大幅に減額することも可能になります。

 

↓↓↓※24時間365日いつでも無料相談できます↓↓↓

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談する

 

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談する

 

クレジットカード会社から支払督促状が届いた場合

 

クレジットカード利用の中でも特にリボ払い設定は

 

使用金額や支払いの管理が出来なくなってしまい、

 

カード会社への支払いが滞ってしまうケースが多いです。

 

最終的には支払督促などの法的な手段を取られて財産を差し押さえられてしまいます。

 

支払の滞納から支払督促が送達されてくるまでの流れ

 

クレジットカードの支払い滞納

 

すぐにクレジットカードの使用停止

※引き落とし不可の連絡が、メールや電話・手紙でカード会社から届く

このタイミングで放置せず事前に電話などで交渉すれば、

ある程度は返済の融通を利かせてくれます。

(クレジットヒストリーなどは減点される)

 

支払い未確認が続くと督促状がカード会社から届く

(自宅や携帯電話などに請求の連絡が来ることもあります)

※この状態はまだブラックリスト入りしておらず、

 また督促状も簡易裁判所発行のモノでは無いため

 弁護士に依頼することで簡単に解決できます。

 

 

1か月以上支払いが遅れると多くの場合強制退会

※個人情報機関に情報が載るいわゆるブラックリスト入り

 7年間はクレジットカードの使用の他、ローンを組む事も出来なくなります。

 

その後も支払いが無い場合はカード会社は債権回収機構に債権が譲渡

※概ね支払い日から3ヶ月から4ヶ月程度経過で支払督促の申立て手続き

 により裁判所から支払督促が債務者に送達されてくることになります。

 

仮執行宣言が付されて強制執行・債務者の財産差し押さえ

 

支払督促が送られて弁護士に相談するメリット

 

支払督促が送達されたという事は、

 

相手が本格的に法的手段を取り債権回収に乗り出してきたという事です。

 

すぐに債務整理専門の弁護士に相談するべきでしょう。

 

弁護士は債権者に借金を大幅に減額してもらう為の交渉を行ってくれます

 

債権者としては多くの債務者に対して支払督促状を送っていますが

 

異議申立をされた後の交渉に対しては前向きに対応してくれます。

 

これは、裁判が長引く手間や費用・時間のことを考えれば

 

借金の金額を減額してでも完済に向けての交渉を行い、

 

早い段階で結論を出す事にメリットがあるからです。

 

借金問題はひとりで悩んでいると悪化しますが、

 

専門家に相談することで大幅に減額される可能性があるのです。

 

↓↓↓※24時間365日いつでも無料相談できます↓↓↓

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談する

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談する

 

 

支払督促申立書が届いて放置するデメリットは本当に大きい

 

債権者が支払督促の申立をして債権回収をはかる場合、

 

数万円から多くても数十万円程度の債権が対象となります。

 

借りている側としては支払督促状が来ても

 

無視しても特に問題ないだろうと考えてしまうことも少なくありません。

 

しかし支払督促状を放置して異議を申し立てずにいると

 

勝手に手続きが進んでしまい、知らない間に強制執行をされてしまうのです。

 

給料を受け取っている銀行口座も差し押さえられますし

 

車などの財産も全て失うことになってしまいます。

 

自分の給料を差し押さえられてしまうと、

 

当然、勤務先の会社に借金をしていることがバレてしまいます。

 

給与は4分の1を差し押さえる事が可能で、

 

判決確定から10年間は差押権利が消滅しないため、

 

現在仮に無職であっても将来的に仕事をした場合にもつきまといます。

 

支払督促状が届いても主立った財産が無い場合、

 

放置して強制執行されたとしても差し押さえる

 

財産が無いから大丈夫という間違った認識を持っている人もいますが、

 

強制執行されるという事実はそれほど甘くありません。

 

場合によっては負っている借金などの債務の額だけでなく、

 

裁判に関する費用を請求されてしまう可能性も出てきます。

 

支払督促を放置してもデメリットしかありません。

 

重要な法律に関する事をネット情報だけで判断すのも怪我の元です。

 

弁護士や司法書士といった借金整理の専門家に

 

無料で相談することが出来ますので、まずは電話で相談することをオススメします。

 

 

↓↓↓※24時間365日いつでも無料相談できます↓↓↓

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談する

 

※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支払督促とは金銭又は有価証券の一定の数量の給付を請求するために、債権者が債務者の住所を管轄する簡易裁判所に申立てをして、裁判所書記官に債務者に支払いを督促する処分のことを言います。この処分が裁判所書記官からなされて一定の手続きを経ると債権者は債務名義を取得することができ、債務者の財産に強制執行することが可能となります。

消費者金融などの金融機関を利用して借金をした後、一定の期間支払をしない場合、消費者金融から支払督促状が届く場合がありますが、債務者側がこの書類を受け取った場合は放置をしないでしっかり対応することが必要になってきます。裁判所より支払催促状が届き、身に覚えのある借金である場合に申立てせずに放置、無視すると強制執行されてしまいます。

強制執行される財産が無いという場合であっても、銀行口座の差し押さえをされたり、必ず、同封されてある異議申立書に必要事項を記入しましょう。債権者は支払を滞納している債務者に対して、支払催促の為に電話やはがきを送るモノですが、それでも連絡が無く支払が滞り続けていると、法的手段として民事起訴を起こしてきますが、支払督促申立書で異議申立をしないまま30日間経過すると仮執行宣言付支払督促が贈られてきますが、それでも放置すると自動的に敗訴が決定してしまいます。(異議申立の期間は2週間です)

一定の人は支払い催促を無視して借金を踏み倒そうとしてくるためにこうした少額起訴を起こすことで給料や銀行口座・持っている財産を差し押さえて回収する必要があるのですね。

絶対に放置せずに異議申立をして下さい。