奨学金の滞納で支払えない!債務整理できる?

更新日:

奨学金を支払えず滞納する人が増えています

経済的な理由で学校に通うことができない人のために金銭の貸付を行う奨学金の制度があり、現在利用している学生も少なくありません。

そして奨学金の制度を利用して借りたお金は学校を卒業して社会人となったら返済しなければならないのですが、就職することができなかったりしてしっかりした収入を得ることができずに滞納しているケースが増えています。

そして奨学金の制度を利用して借りたお金も銀行や消費者金融などの金融業者でキャッシングを利用してお金を借りた場合と同じ借金なので、もし返済をしないまま滞納を続けていると支払督促などの法的手続きを取って回収をはかることになります。

滞納してからどのくらいで支払督促が送られてくるか?

それでは奨学金を滞納してからどのくらいで支払督促が利用者の元に送られてくるのかというといきなり送られてくるというわけではありません。

まずは電話をかけたり、手紙を出して、支払ってもらうように催促をすることになります。

その後これらのことをしても返済をしない場合に初めて法的手続きを取ることとなり、利用者のところに支払督促が送られてくることになります。

そして支払督促が送られてきて、その後手続きが進んでしまうと申立てをした人は強制執行することができる権利を得ることになるので、いろいろな財産を差し押さえられてしまうことになります。

そのため奨学金の返済が難しかったり、厳しくなってしまった場合は返済を猶予してもらったり、月々の返済額を減額してもらうなどして対応し、もしそれでも難しい場合には弁護士などの法律の専門家に債務整理の手続きをしてもらうのがいいでしょう。

債務整理をすればしっかりと問題を解決できます

奨学金も利用者にとっては借金の一つなので債務に当たります。そのため債務整理の手続きをして解決をはかることが可能です。

そこで弁護士などの法律の専門家に債務整理の手続きをしてもらうことによって、自分の負っている借金を綺麗にすることができ、しっかりと問題を解決することができます。

自分で対応するのが難しい法律の事ですから、初期費用無料で相談でき、分割払いや後払い可能な弁護士への相談がオススメです。

↓↓※24時間365日無料で相談できます↓↓

→※今すぐ借金問題専門の弁護士に無料メール相談

→※今すぐ借金問題専門の弁護士に電話で無料相談

支払督促サポート TOPページに戻る

-借金に関する法律知識

Copyright© 支払督促サポート@届いたら絶対に放置しては駄目!今すぐ相談! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.